メールとチャットを一元管理!Macユーザーの生産性向上アプリ「Rambox」を紹介

Rambox Tool

 

やりたいことがあるけど時間が足りない!」という悩みがある方のためにこの記事を書きました。

 

限られた時間をさらに有効活用したい!と思い、日々、生産性の向上について考えているふじぱん(@fujipan8960)です。

今回は、メールやチャットなどのメッセージを確認する時間を軽減できる方法をご紹介します。

 

フリーランスとして仕事をしていると、クライアントによって連絡手段が異なる…よくありますよね。
クライアント”A”はチャットワークで、クライアント”B”はslackで。

 

そんなときあなたは、チャットワークを開いてメッセージを確認して、次はslackを開いてメッセージを確認…そうしていませんか?

 

今回紹介するのは、メールやチャットなどをまとめて管理できるアプリ「Rambox」です。

このアプリを起動しておけば、登録したメールやチャットなどの受信メッセージをクリックひとつで確認できます。

 

この記事では、なぜ「Rambox」を使う必要があるのか?そして「Rambox」の具体的な活用方法について、画像を交えながら分かりやすく解説します。

 

なぜ、メールとチャットを一元管理する必要があるのか?

Rambox

 

「Rambox」の使い方を紹介する前に、「なぜ、メールとチャットを一元管理する必要があるのか?」について解説します。

 

冒頭にお伝えした通り、現在は様々なメールやチャットのサービスがあります。
そして、それぞれのアプリを開いてメッセージを確認するのは”ムダな時間”とお伝えしました。

 

では、どのぐらい”ムダな時間”が発生しているのか?具体例を交えて解説します。

メールとチャットを一元管理した場合と、そうでない場合のアクションを細かく分けてみます。

メールとチャットを一元管理した場合
  1. 一元管理アプリをクリックする+起動する
  2. 該当するアプリをクリック
  3. 受信メッセージを確認
  4. 次のアプリをクリック
  5. 受信メッセージを確認

 

メールとチャットを一元管理しなかった場合
  1. 該当アプリをクリックする+起動する
  2. 受信メッセージを確認
  3. 次のアプリを探す
  4. 次のアプリをクリックする+起動する
  5. 受信メッセージを確認

 

この2つを比較すると、メールとチャットを一元管理しなかった場合、以下2つの”ムダな時間”が発生しています。

  • “次のアプリを探す”時間
  • “次のアプリが起動する”時間

えっ?そんな時間はわずかじゃと思いませんか。

仮に「次のアプリを探す時間+次のアプリが起動する時間」を1日5分掛かったと仮定します。

この場合、

  • 1日 :5分
  • 1ヶ月:5分×20日=100分
  • 1年間:100分×12ヶ月=1,200分

となります。

 

1,200分って言われてもピンときませんよね。

1日の稼働時間が8時間だとすると、なんと2.5日が無駄な時間になっています。

“2.5日”が多いと感じるか少ないと感じるかは人それぞれだと思いますが、私はとても大きいと思っています。

生産性を向上するには、少しでも”ムダな時間”を削る積み上げることが重要だと考えています。

メールとチャットを一元管理できるアプリ「Rambox」って何ができるの?

Rambox

 

改めて「Rambox」について解説します。

普段、様々なメールやチャットなどを利用し、受信したメッセージはそれぞれのアプリを開いて確認していると思います。

Ramboxは、この“様々なメールやチャットなど” を一元管理するアプリです。
今まで、受信したメッセージを確認するのにそれぞれのアプリを開いていましたが、Rambox内で登録したサービスのすべての受信メッセージが確認できます。

MacとWindowsに対応しており、いずれも無料で利用できます。

残念ながら日本語対応はしていません。
しかし、使い方は簡単なので、順に画像付きで使い方を紹介します。

 

Ramboxで一元管理できるメールとチャットは100種類

 

この記事を書いている時点(2018年9月23日)で、対応しているサービスは100種類あります。

対応サービスは以下画像を参考にしてください。

日本で馴染みのあるアプリは、以下のものがあります。

  • Facebookメッセンジャー
  • Skype
  • slack
  • Hangouts
  • Gmail
  • チャットワーク
  • Discode
  • Outlook
  • Yahoo!メール
  • TweetDeck
  • iCloud Mail
  • WeChat

 

メールとチャットを一元管理できる他のアプリの紹介

Rambox

 

メールとチャットを一元管理できるアプリは他にもあり、国内は「Franz」が人気です。

FranzはRamboxと同様に無料で利用でき、MacとWindowsの両方で利用できます。

Ramboxに対しFranzの異なる点として以下2点あります。

  • Franzは管理系アプリが多い
  • Franzは日本語対応している

 

管理系アプリでは、主に以下のものが連携可能です。

  • Googleカレンダー
  • Pocket
  • Todoist
  • Toggl
  • Trello

日本語対応「Franz」の方が使いやすそうな気がしますが、Macユーザーの場合は「Rambox」をおすすめします。

その理由を次に紹介します。

 

Macユーザーにメールとチャットを一元管理できるアプリ「Rambox」をおすすめする理由

Rambox

 

さきほど「Franz」が国内で人気とお伝えしましたが、Macユーザーの場合「Rambox」を使うことを強くおすすめします。

その理由は以下2点です。

  • 動作が安定している
  • アプリのアイコン表示がわかりやすい

順に説明していきます。

 

アプリのアイコン表示の違い

「Rambox」と「Franz」の違いをわかりやすく表にしました。

 RamboxFranz
アプリ毎に名前を付けられる×
アプリのアイコン画像を変更できる×

CharworkやMessengerでは問題ないのですが、Gmailとslackで違いが出てきます。

具体的には以下の通りです。

 

Ramboxの場合

Rambox

Franzの場合

Franz screen

 

各アプリのアイコンを見てください。
Ramboxは上に、Franzは左側にアプリのアイコンが表示されます。

Franzの場合、slackアイコンがどのワークスペースか分からないです。
(管理者がアイコン画像を設定している場合を除く。)

Gmailも同様です。

それに対してRamboxは、アイコンごとに名前を付けることができます。

 

動作が安定している

私がRamboxを使うもっとも大きい理由がこれです。
「Franz」はフリーズすることが頻繁にありました。

その都度再起動すれば問題なく動くのですが、これが非常にストレス。

Ramboxでは、いまのところそのようなことはなく、安定して使えています。

 

メールとチャットを一元管理できるアプリ「Rambox」のインストール方法

Rambox

 

1.Rambox公式ページからダウンロード

Ramboxの公式ページの「TRY RAMBOX FOR FREE」をクリック。

Rambox install

 

②Community Editionの「DOWNROAD」をクリック。

Rambox install

 

③Rambox for Macの「DOWNROAD」をクリックで、インストールファイルをダウンロード。

Rambox install

 

④ダウンロードしたファイルを起動しインストール。

Rambox install

 

2.インストールしたいサービスを選択

インストールしたいサービスをクリックして選択。

Rambox install

 

3.各アプリの必要事項を入力

各アイコンに名前を入れる場合は以下設定。

  • Name:アイコンの名前
  • Show service name in Tab:チェックを入れるとアイコンの横に名前が入る

最後に「Add アプリ名」をクリックするとアプリの登録完了です。

Rambox install

 

4.必要なアプリを追加

2〜3を繰り返して、必要なアプリを追加。

Rambox

 

生産性を上げてできた時間を”何に使うのか”が最も大事

Rambox

ここまで、少しでも”ムダな時間”を減らす方法としてメールとチャットを一元管理できるアプリ「Rambox」を紹介してきました。

しかし、本当に大事なのはそこでできた時間を”何に使うのか”。

アウトプットの量を増やす、インプットの量を増やすなど、必ず何かに繋げることをおすすめします。

私が最近インプットに使っているのが「Udemy」。

プログラミングだけでなく、ビジネススキルや健康など幅広いジャンルの内容を、動画で学ぶことができます。

講座内容を見るだけでも面白いので、ぜひ見てみてください。

まとめ

いかがでしたか?

様々なメールやチャットなどのサービスがあり、メッセージを確認するたびにそれぞれのアプリを開いていませんでしたか?

その時間は非常にもったいないです。

その時間が1日たった5分だった場合、

・1日 :5分
・1ヶ月:5分×20日=100分
・1年間:100分×12ヶ月=1,200分(20時間)

となり、1日の稼働時間が8時間と仮定した場合、2.5日分の時間をムダにしています。

メールとチャットを一元管理するなら、Macユーザーの場合「Rambox」を使うことをおすすめします。
類似のアプリもありますが、1番のおすすめの理由は「動作が安定していること」です。

そして、”ムダな時間“を減らしてできた時間を”何に使うのか“が最も大切です。
インプットやアウトプットの時間に使い、次の何かに繋げてください。

そのひとつとして、私が最近使っているのが「Udemy」での動画学習がおすすめです。
講座内容を見るだけでも面白いです。

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。